「7月は台風ゼロ」で69年の記録を樹立! 日本の完全なデータ露出。

過去7月と8月は、通常、多くの台風が形成されていますが、7月末近くが見頃を見ると、日本全体の台風は1ヶ月も存在せず、7月の最後の日に台風が発生しなければ、日本の歴史の中で観測記録を樹立します。

1951年に気象局が記録を開始して以来、日本は「台風のない最初の7月」に見舞われる可能性があり、今年は例年よりも少ない台風に見舞われ、5月12日にフィリピンの東シナ海で今年最初の台風1号、6月12日に南シナ海で2番目の台風が発生しました。

7月に台風がなければ、1951年以来の日本記録を樹立する。 (回路図/取り出し元)
7月に台風がなければ、1951年以来の日本記録を樹立する。 (図/ピクシーベイから採取)

専門家はまた、7月の最後の日に台風がフィリピンの近くで形成される可能性を排除しないと述べ、現在ハワイ近郊のハリケーンが西に移動し、国際日変化線を通過すると台風に変わる可能性があると述べた。 2010年までの最初の30年間、7月の平均月数は3.6回で、1998年には1つの台風しか形成されておらず、熱帯低気圧もシーズン初の台風となりました。

中央通信社によると、日本気象協会は1951年から年間平均26の台風を観測し、発生月は異なるが、過去から6月までの上半期の台風数は、今年の2つの台風とは9回あるため、上半期の台風は少なく、7月以降の下半期には台風発生が少なく、その中でも台風は少ないが、1年全体の台風数は前年とほぼ同程度である。

7月に1つの台風が発生した年は5つしかなく、1998年の1年間の台風数は16件に過ぎず、他の年の台風は例年より少なかったか、わずかに少なかった。 したがって、今年の台風の数が減少する傾向があるとは言い切れないが、例年とほぼ同数である可能性がある。 (編集:グオ・ペイビン)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *