大学の友人が殺人に遭遇した 中村倫も、生きた死体で追いかけるような逃走過程をした.

映画 “死体荘殺害事件” は、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らも主演し、古川雄輝、柄本時生、葉山賞、矢本悠馬、佐久間衣、山田杏奈らキャストも出演している. 物語は、大学生のグループが音楽祭の合宿活動で、予期せず大量のライブボディ攻撃に苦しめられ、ヴィラに閉じ込められ、閉ざされた空間で連続殺人が起こり、推理小説愛好家の中村レンも、撮影の逃亡中に、本当に生きた死体に追われる恐怖感があり、この人生は記憶に残る経験があることを示しています。

浜辺美波は「死体の家」で美少女探偵「ビリウス」を演じ、「原作小説が話題になったとき、私は本当に好きだった! このキャラクターは、映画が作られたらどうなるのか想像していたのに、とても毒舌でした。 だから、この役割を受け取ったとき、本当に驚いて、このキャラクターをモデむ方法に悩まされました。 しかし、脚本を読んだ後、このキャラクターは小説の原作よりもドラマチックであることがわかったので、その役割を解釈するために最善を尽くします。 」

「私が演じた賢さは、非常に特別なキャラクターであり、物語の設定は大学生ですが、彼は社会に足を踏み入れたくないし、パズルに没頭したい人なので、自然に彼のイメージを形作ることができると思います」と、中村は推理小説の趣味の会長である賢明な紹介をしました。 中村倫はまた、ドラマのライブ・ボディ・ブリッジ・セグメントが特に恐れていたことを明らかにしました:「特に音楽の祭典からヴィラに逃げ込むプロセスは、撮影中に本物の生きた死体の群れに追われて、とても恐ろしいです! 7月31日、台湾で「死体の荘殺害」が公開された。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *