芸術祭のバウチャーを引っ張らなかったサルサは、国際レベルのフリンジをあざ笑った。

2020年「食のシャンクプレーヤーナイトマーケット新人気王」イベント第2スティックは、サルサ、ハ・シャオユアンがスティックを取り、東港のナイトマーケットで大きな料理に向かいます。 2人は長い間、食べ物を食べ、太るだけでなく、サルサは国際的なフリンジの人々をあざ笑った。

2週目には、約6,000人のネチズンが「フード・プレイヤー・ナイト・APP」で投票しました。 サルサとハ・シャオユアンは、東港のナイトマーケットに来た後、人々を惹きつけ、サルサは「芸能人のアイデンティティは、実際にはナイトマーケットを散策する勇気が低いからです」と明らかにしました。 「長い間夜市を訪れていない彼女は、小さな子供のように屋台にくっついていたが、スタッフが駆け寄ったのに、サルサは「私は何でも買いたい」と叫んだ。

ナイトマーケットで活性化バウチャーを使用するかどうか尋ねられました。 「私は電子決済に入れ、ゆっくりとポイントを蓄積したいと考えています」と、サルサが言いました。 「7月15日すぐに受け取ったが、すぐに妻に捕まった」とハ・シャオユアンは笑いながら言った。 そして、最近の議論は、熱烈な芸術のファンバウチャー、サルサは、国際レベルのフリンジであり、残念ながら、それらを吸わなかった。

以前のサルサは、コンタクトレンズの長時間の着用による不快感のために、現在近視手術を受け、手術後のサルサは賞賛しました: “外観は、もはやコンタクトレンズの酸っぱい不快のために目が不快になることはありません、素晴らしい! しかし、Ha Xiaoyuanの痛風は食事によってのみ制御することができますが、東港の最も有名なのはシーフードで、2人の食べ物を食べるのが大好きで、シーフードでいっぱいの「痛風鍋」を調理し、ハ・シャオユアンに「私は痛風が再び攻撃する」と嘆いた。 」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *